スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に乃木希典

最近幕末ブームで龍馬や秋山兄弟などにスポットがあたってますね。私はなんとなく乃木希典について読みたくなりました。勝手に乃木希典ブームです。

乃木は明治の将軍で明治天皇崩御に際して妻と一緒に殉死したことでも有名になりました。軍歴はぱっとしませんが、その劇的な人生から乃木をテーマにした作品は多いですね。

森鴎外「興津屋五右衛門の遺書」「阿部一族」
司馬遼太郎「殉死」
芥川龍之介「将軍」

乃木は殉死に際して、大失敗を犯した旅順攻略戦をその直接の理由としませんでした。また、失敗だらけの軍歴なのにその後陸軍の精神的模範として神格化され、それが最終的に軍の精神主義化につながって、昭和の戦争で更なる犠牲者を生んだのではないか、そんな気がします。

龍馬よりも東郷元帥よりも華のない暗~い人です。
でもそんな彼が他の誰よりもその後の日本に大きな影響を与えてるような…。

日本にいる間に読破しようと思います。

スポンサーサイト

あけましておめでとうございます

2010年明けましておめでとうございます!

今年は寅年ですね。中国では虎は魔除けの象徴として信仰されており、虎のお人形などを子どもに持たせて健康を祈ります。虎靴、虎頭帽なども皆その類ですね。

ということで、私も描いてみました~。
これはもとになったお人形の写真です。布老虎といい、中国各地で見られるものです。

DSC00023.jpg

これをそのまま描くのではなく、平面的に、可愛らしく…。
そして色をつけ始めたら楽しくなって、3パターンもできてしまいました。

hk16.jpg
RED

hk15.jpg
BLACK

hk17.jpg
YELLOW…戦隊モノかいっ!?

小さい作品ですが1/9からの上海牛心さんでの展示に出品しますので、近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。また、この作品は1月の体験教室の画題にもしますので、「自分で描いてみたい!」という方はぜひ遊びにきてくださいね。

それでは2010年が皆様にとってよい年になりますように・・・
今年もよろしくお願いします。

金山と戦争

中国では今、「南京!南京!」という映画が話題になっています。いわゆる中国的視点だけではなく、苦悩する日本人兵士の姿も描いたということで賛否両論がわきおこっているそうです。

のどかな田園の広がる金山にも、戦争の傷跡はあります。

1937年11月、膠着した上海戦線を打破するために日本の柳川兵団が杭州湾に上陸。その上陸地点が金山なのです。彼らはここから上海を目指し、次いで南京へと向かいました。

tochika.jpg
これは当時、海岸を守備していた中国軍のトーチカです。

金山では南京事件を起こした日本軍がここから上陸したと学校で教わるそうで・・・先日も、金山の幼稚園児に「日本人は悪い人」と言われてビツクリしました。平和に見える金山も戦争とは無縁ではないのですね。

・・・今回は少し重い歴史の話でしたが、皆さんにも金山と戦争の話を知っていただきたく、書かせていただきました。私も農民画を通して、少しでも金山の皆さんの日本人へのイメージがよくなるよう活動していきたいと思います。悪化させないように気をつけます・・・(コトータケヒコ)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 農民画にっき2 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。