スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカンスクール浦東校の壁画制作

さて、先週の金山!
・・・には行かずに浦東の上海アメリカンスクールに壁画制作のお手伝いに行ってきましたよ。

アメリカンスクール浦東校は、浦東空港の隣にあるゴルフ場LINKSの敷地内にあります。

学校がゴルフ場の中。

日本人的には問題有なロケーションですね。さすが自由の国アメリカです。
敷地の中も贅沢な土地の使い方です。
usa7.jpg

そこに集合した陸先生&お弟子さんたち!
左からゴーディ、呉ヤェンシャ、オーディ、陸センセ。
センセだけなぜか不自然なポーズです。
usa6.jpg

さて、実はこの学校、以前にもセンセが壁画を制作したことあるんです。
(恐らく)本邦初公開!の写真です。
usa5.jpg
陸永忠「書香閣」(上海アメリカンスクール浦東校図書館)

でかっ

巨大なこどもたちが神様のように見下ろしています。
なぜかわかりませんが神秘的なオーラを感じる作品ですね・・・しかし、本当に図書館の環境ともうまくマッチしていて、間違いなく農民画壁画の傑作でしょう。

さて、今回依頼があったのは「アメリカの動物」。
センセは一度も見たことがない動物でも描いてしまいます。

usa2.jpg

私もちょびっとお手伝い・・・おっかなびっくりです。手前はオーディ先輩。
北海道土産の「木彫りの熊」・・・のような熊さんを描いています。
usa1.jpg

こちらは完成したアメリカライオン(ピューマ)とイルカ。
usa3.jpg

一日描いてほぼ完成しました。あと2日くらいで完成するだろうとのこと。
夜は近くのレストランでカンパイして、民宿に皆で泊まりました。

ここでオーディ先輩とゴーディ先輩の壮絶なマジック合戦が披露されたのですが・・・
それはまた改めてご紹介させていただきますね。
楽しい一日でした~(コトータケヒコ)
スポンサーサイト

金山と戦争

中国では今、「南京!南京!」という映画が話題になっています。いわゆる中国的視点だけではなく、苦悩する日本人兵士の姿も描いたということで賛否両論がわきおこっているそうです。

のどかな田園の広がる金山にも、戦争の傷跡はあります。

1937年11月、膠着した上海戦線を打破するために日本の柳川兵団が杭州湾に上陸。その上陸地点が金山なのです。彼らはここから上海を目指し、次いで南京へと向かいました。

tochika.jpg
これは当時、海岸を守備していた中国軍のトーチカです。

金山では南京事件を起こした日本軍がここから上陸したと学校で教わるそうで・・・先日も、金山の幼稚園児に「日本人は悪い人」と言われてビツクリしました。平和に見える金山も戦争とは無縁ではないのですね。

・・・今回は少し重い歴史の話でしたが、皆さんにも金山と戦争の話を知っていただきたく、書かせていただきました。私も農民画を通して、少しでも金山の皆さんの日本人へのイメージがよくなるよう活動していきたいと思います。悪化させないように気をつけます・・・(コトータケヒコ)

アメリカンスクールの体験教室!

さて、連休の金山には上海アメリカンスクールの生徒たちが体験教室のためにやってきました。

その数実に120名(バス4台)…。
a1.jpg

親御さん、先生を入れると180名…。
a2.jpg

この生徒さんたちに対応するため、先生はお弟子さんたちを招集、私もお手伝いに行ってきました!
a3.jpg
a4.jpg
やさしく描画指導するゴーディ(邱建国)先輩

今日のお題は
「カエル」
「牡丹」
「女の子」
「にわとり」

一番人気はカエルです!

さて、アメリカーンはどんなだったかというと…
開始10分で戦意喪失してだらだら~描きの子。
友達へのフェースペインティングに夢中な子。
走る!叫ぶ!ひっくり返す!
…などなど、まさに人種のるつぼというかんじでした。さすがアメリカです。

もちろん真面目に最後まで一生懸命描いた子たちもいましたよ。
ジャーン
a6.jpg
a5.jpg

嵐のようなアメリカンスクールの体験教室が終わったあと、先生に聞いてみました。

先生、何人が一番よい子ちゃんですか?
「フランス人ちゃうか?」

あれ?日本人じゃないんですか?
「日本人おとなしすぎやで。ま、アメリカ人ははしゃぎすぎやけどなぁ」

なるほど…(コトータケヒコ)

PS;そうこうしているうちに卒業制作之三が完成してしまいました~
桂林の夏です~涼しい風を感じられる名画!になったかな・・・?
a7.jpg

農民画協会的お買い物

上海も3日間だけですが連休が始まりました!初日の今日は久々に金山から開放~♪のんびり過ごすなんてもったいない!というわけでお買い物にでかけました。

行った先は呉中路。古い中国家具ストリートで評判の場所だったのですが・・・あれ?すごいしょぼい。どうやら最近の区画整理で引っ越しちゃったり、景気が悪くて倒産したりしてしまったらしいのです。あらら。

それでもめげずに2軒の家具屋さんをのぞきました。

え?家具を買いに行ったのかって?
チッチッチ、違いますよ。

農具を探しに行ったのです!
日本農民画協会ですから。

最近は農民画だけではなく、農民画に描かれているものもコレクト開始・・・いったい私はどこに向かっているのでしょう。驚愕の本日のお買い上げグッズです↓

kuruma.jpg
スクラップ状態の手押し車(車輪なし)

fune.jpg
舟です

oke.jpg
昔の洗濯かご

mino.jpg



・・・NHK熱中時間に出演できる日もそう遠くないかもしれません。

さて、手押し車は車輪があるとかなりカッコいいのですが、ないものはしかたありません。折を見て新しく作ってもらいます。舟は縦に置いて花瓶や本を置く棚として使います。蓑は農民っぽくていいなーと思って買ったのですが、置いてみると意外に大きくてはっきり言って不気味ですね。間違いなく来客者ドッキリアイテムです。

そしてもうひとつ・・・ほしかったけどあまりの巨大さにあきらめたもの・・・それは!

tomi.jpg
とうみ

これだけはアタマをどうひねっても使い道が思い浮かびませんでした。
あ、車輪のない手押し車もそうですかね?

そして、スクラップ品やまだ整備が終わっていないガラクタばかり漁る私に、お店の店員さんからひとこと。
「今度奇妙なものを入荷したらメールするね!」

・・・よろしくお願いいたしまする(コトータケヒコ)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 農民画にっき2 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。