スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年ラスト金山

この週末は会社の同僚とゴルフへ 
練習すればするほどスコアが下がる不思議なスポーツ、ゴルフ。
ワーストスコア更新で心がぽっきり折れた私は、そのまま年末のご挨拶に金山へ直行。

すると私と対照的にほくほく顔の陸先生。
何かいいことあったんですか?

DSC00093.jpg
またどっかの学校の先生になったんですね…

そこで趙以夫さんというエラ~い油絵の大家と知り合ったらしく。
「これらの絵を君に預ける」と言われてひきとってきたのがこれ↓

DSC00177.jpg

DSC00179.jpg
自称各25万元(375万円)以上
自称市販価60万元(900万円)以上

そういうものをべたべた素手で触れる先生に男気を感じるのは私だけでしょうか?ちなみに「今晩中に盗み去ってもいいか?」と聞いたら、詳細に美術品の盗み方の手順を教えてくれましたアリガトウ

夜が更けるまで色々な話をしました。そしてビャオ(糊付け)するための新作の絵を見せたところ、思いがけず絶賛!されました。私の特徴がよく出ていていいと…。不思議ですね。何の説明もしてないし、農民画の画題でもないから、何か言われるかと思ったんですけど…。陸先生には絵を通して気持ちの深さを評価してもらったような気がしました。とてもうれしかった

どんどん新しいものにチャレンジしていい。
農民画の画題じゃなくてもいいぞ。
自分が描きたいもの、見た人が共感してくれるもの、専門家を唸らせられるもの。
そういう絵を描いていきたいもんだな、と語っておられました。

さて、翌朝。

アトリエを出発するとまたドナドナ的な光景にでくわしました。
前回に続き今回も売られていくのは豚さんです。

DSC00185.jpg
荷台に豚さんが…

なんとかこの光景を描かなくてはと思って写真をとりました。ということを前回も言ってたような気がしますが…(汗)まぁあせらず描きたくなったときにガガガっと♪

そして、今日の金山&上海はとても寒く、雪が降りました。

DSC00190.jpg
よく見えないけど大雪

これにて2009年の金山は見納めです~!農民画的には本当に大きな変化のあった1年でしたが、また来年、また新しいことにチャレンジしていけたらと思っています。どうぞよろしく~



スポンサーサイト

フリマに参加してきましたw

農民画の作品&コレクションを販売させていただいている東湖路の「牛心」さまにてフリマがありましたw
友人のレトロ館長から前日電話があり、(ほぼ)飛び入り参加。

DSC00161.jpg
会場はel willyのお庭w

さぶいです
上海さぶいです

こんな寒空の中、皆さん手作りの商品などを売ってました。

DSC00162.jpg
コトー+レトロ館長のお店♪

コトーは農民画の年賀状など数点+昔買った中国各地のお土産などを持参・・・。
いらないものだけが売れていきます。
ローカルの皆さんには農民画はやっぱり人気ないなぁw

と、レトロ館長にお会いできたので館長への農民画作品を寄贈。

DSC00166.jpg
遺影みたいにずっと抱きかかえておりました

さぶいです。
今日の上海は激寒でした。

こんな寒空で唯一の救いだったのがレトロ館長お手製の
DSC00163.jpg
あさりおにぎり&オムライスおにぎり

DSC00164.jpg
かきあげ+土佐煮

めちゃめちゃ食ってしまってすいませんw
期待していてわざと腹減らしてました(マジで)

日本でもそうでしたが、フリマって隣のお店の人とかお客さんとかと色々交流できていいですよね。
結構好きです、このゆる~くてピースフルなかんじ。

ちなみに隣の中国人のお兄さんは私からガラクタ2点をただ同然で買い入れて、即自分の店で高値で転売してました。
すげぇ

フリマは楽しめればそれで◎!
また機会があれば参加しようと思いますw

本日発売の「NHKテレビで中国語」に登場

本日発売のNHK出版さんの「テレビで中国語」1月号に、私のインタビュー記事が掲載されています(のはずです!)。

皆さん買って~
たくさん買って~
誰か上海に送って~


私のとりとめのない話をビシッ!とまとめってくださったライターのSさまに感謝。
本当にありがとうございました~

日本の皆さんに少しでも農民画のことを知っていただければ・・・と思います♪


今度はコーヒーテーブルが犠牲になる

金山の古い農家には今でもかまどが残っていて、これで今でも食事を作っています。何と言ってもおこげご飯がおいしいんですよ~。

kamado.jpg
陸先生のアトリエにあるかまど

江南地方を代表するものなので、どうしてもこれを描きたくて、以前ミニサイズで描いたことがありました。いつか大きいサイズで描き直したいと思っていましたが、今はでかいサイズをしあげて気分がノっているので、これも40×40のサイズで描き直すことにしました。ミニサイズを参考にできるので速攻で下書完成。例によって大きな画板がないので今度はコーヒーテーブルに犠牲になってもらいます。

DSC00012.jpg
我が家のテーブル全滅

配色もミニサイズの経験があるのでさくさく進みます。

DSC00055.jpg
あっという間に大体の色付けも終了。

これで最後に黒が入ると色がびしっとしまって見えます。一気にここまで行ったんで、残りは明日…。

生徒さんのブログが始まりました♪

(ほぼ)毎週土曜に古北でやらせていただいている農民画体験のお教室。
皆さん楽しんでやっていただけて、私も(実は)相当楽しんでます。

自分ひとりで描いているときには気づかなかったこととか発見しますし、何よりも、作品が完成に近づいていくときの皆さんの楽しそうなお顔!キラキラしていて最高です。私もうれしくなります。皆で描く楽しさって、ゼッタイありますよね!

さて、生徒さんのひとりがブログを立ち上げられました。
中国上海金山農民画&日本草月流生け花で素敵な毎日!

「絵には興味があったけど、なかなか始められなかった」とのことですが、とてもお上手で、既にオリジナル作品に挑戦しています。どんな作品ができるのか楽しみですね~~皆さん、応援してあげてくださいね!!



Ying and Yang Vegetalian Cafe

最近ちょっとつらいことがありまして…。皆さま、体調悪そうに見えてごめんなさいね。体調悪かったんです(笑)



最近癒し空間として気に入っているのがココ

Ying and Yang Vegetalian Cafe
桃江路3号
6433-4602

スタッフの方にも「いつも元気がないですね」って言われちゃった。
元気がないときだけ来てごめんねーーーっ!

DSC00082.jpg
ベジ・バーガーんまい!

スピリチュアルな店内に静かな音楽が流れていて、ゆったりとした時間を過ごせます。ヨギー、ヨギーニご愛用のお店だとか…

というわけで、今回はピラティスのASAMI先生のブログの影響を受けて「カフェブログ」に挑戦してみました♪
また、いいカフェがあればご紹介します~


時計 Act.2

ボルテージがあがったところで一気に塗装!
完成まで一直線~

…ってあれれ?

なんか配色にしっくりしないところが出てきて
何とかなってくるかなと思ってたけどますます変になって
結局全部塗り終わってからやり直し…


農民画の神様はそんなに甘くないのですね…。

DSC00071.jpg
描き直しました。今度はOK

時計の針は糊付けの後で描きます。描かれた時計の実物を見たい方はレトロ館長のHPをチェック!
上海レトロ博物館

配色のアイデアは日本農民画協会のヒラノさんにいただいた「日本・中国の模様事典」という本に出ていた、伊達政宗の水玉模様陣羽織から得ました。政宗POPですね~。ヒラノさん、ありがとうございました。

糊付けの後、しあげを行い、館長に寄贈。しかしその後すぐに回収してこの作品も1月の牛心さんで展示しまーす
いいでしょ?館長^^

時計 Act.1

できない約束はしない主義。
でも期日には弱いンですよね…。

レトロ館長ごめんなさ~い
もう何ヶ月前に約束したレトロ館長のための農民画。昨日やっとこさ下書きに入りましたよ。

DSC00061.jpg
館長の時計コレクション勢ぞろい

なにぶん気分次第でして…
でも館長、こっからは早いよ。たぶん。

さぁ新作だ!

絵姿女房計画 Act.4

サラリーマン画家(日曜画家)であるコトーが絵を描けるのは夜か土日のみ。思い立ってしまったため、最近は帰宅してから真夜中までぶっ通しで絵を描いています。

DSC00056.jpg
心の友

さて、この絵ですが…

1月に上海・東湖路の「牛心」さんでミニ個展をやらせていただくので、そのときに展示します。伝統的な農民画ではありませんが、農民画の画法で描いた作品、ということで…。これもひとつの試みですね。

onoff.jpg
ポスターも作成中…


今日はいよいよ塗装の最後。桃の枝と花瓶を塗ります。画面下に赤を使ったので、桃の枝は茶色にしてバランスをとりました。花瓶はテクニックを総動員して陶器の雰囲気を出しました。

DSC00059.jpg
どーだ!

桃の花は糊付けしてから描き込むので、とりあえずこれにて完成です!後は金山で「ビャオ」と呼ばれるのりづけ作業をするのみです(これは自宅ではせまくてできません…)。

DSC00062.jpg
ばかし画像でゴメンなさい

作品公開は1月中旬、牛心さんにて!
お楽しみに~

1Q84

村上春樹の「1Q84」を読んでいます。1巻を読み終わりました。

1Q84.jpg


「スプートニク」や「カフカ」にはがっかりさせられましたが、本作はなかなか。様々な点がつながったりつながらなかったりして先が読めない展開ですね。面白いオウム取材の経験も取り込まれており、きちんと収束できれば良作でしょう。



村上作品を読み始めると体を鍛えたくなったり、ワインを飲んだりきちんとした食事をしたくなるのは私だけでしょうか…?

というわけで先週の休日は自宅でワインを飲みながら読書。ジムで走って、ちょっと絵を描いて、夜はテコンドーで体を鍛える。…明らかに村上春樹に影響を受けた土日でした。


農民画の担い手

土曜に古北で農民画のお教室をしています。いらっしゃる方は100%女性!男性はなかなか興味をもたないものなのでしょうか・・・?そういえば金山農民画の主体も農村婦女ですね。女性には何かしら農民画を作り出すエネルギーが宿っているのかもしれません。


ところで


先日若い女性の方が体験にいらしたのですが、塗装が本当に上手!で、筆運びに迷いがなくきれいにしあげておられました。どうしてかな?


「お化粧でアイラインとか本当に細かい線ひいたりしますからね~」


なーるほど!日本の桜美林大学でのイベントでも女子大生がささーっと上手にしあげていたのを思い出しました。ひょっとすると日本では若い女性たちこそ農民画の担い手になるのかもしれません…。

金山ではおばあちゃんたちが、日本では若い女の子たちが農民画を描いている光景って、なんだか面白いですね(笑)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 農民画にっき2 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。