FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金山と戦争

中国では今、「南京!南京!」という映画が話題になっています。いわゆる中国的視点だけではなく、苦悩する日本人兵士の姿も描いたということで賛否両論がわきおこっているそうです。

のどかな田園の広がる金山にも、戦争の傷跡はあります。

1937年11月、膠着した上海戦線を打破するために日本の柳川兵団が杭州湾に上陸。その上陸地点が金山なのです。彼らはここから上海を目指し、次いで南京へと向かいました。

tochika.jpg
これは当時、海岸を守備していた中国軍のトーチカです。

金山では南京事件を起こした日本軍がここから上陸したと学校で教わるそうで・・・先日も、金山の幼稚園児に「日本人は悪い人」と言われてビツクリしました。平和に見える金山も戦争とは無縁ではないのですね。

・・・今回は少し重い歴史の話でしたが、皆さんにも金山と戦争の話を知っていただきたく、書かせていただきました。私も農民画を通して、少しでも金山の皆さんの日本人へのイメージがよくなるよう活動していきたいと思います。悪化させないように気をつけます・・・(コトータケヒコ)
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 農民画にっき2 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。